エ ス ピ ネ イ

Canon FDレンズ 偏 愛 ブ ロ グ ではないですね・・・今はね~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GX100を選んだ理由

SN380983b.jpg

なぜGX100なのか・・・。

理由は単純。

GX200が出て値崩れを起こしていたのを救出したから。

いつものことだけど時の主役には目が行かないんです。

それだけでは無い。他にもいろいろある。


自分についこないだまで主力のデジカメはCAPLIO R1だったから・・・

その進化版が欲しかった。

だからGX200ではなくて、CAPLIO GX100が良かった。

世の中からはCAPLIOのロゴが不評で、GX200ではCAPLIOの名前が無くなった。

それどころか、リコーのカメラ全体からCAPLIO銘が無くなったと言う。

私はCAPLIOって垢抜けない名前が好きだったし、リコーのデジカメ全体に言える

無骨で、無愛想な、媚びていないデザインが好きなのだ。

スペックは1000万画素と、400万画素を使ってきて

特に画質に対する不満が無かった私にとっては十分。

正直に言うとGR DIGITAL IIとGX100で悩んだのだが、あくまでツールとして

しかも主役として使うことになるであろうデジカメだったのでいろいろ多機能なGX100にした。

単焦点のGR一個で・・・っていうのはいくらなんでも傲慢に思えた。

私は28mmだけでいい写真が撮れるなんて口が腐っても言えない。

GX100の24-72mmって画角も実にいい!

FDレンズでも欠かさず使っていたのだが、24-35mmと35-70mmのズームレンズであったから

理に適っているのだ。

あとは50mmF1.4があれば最高なのだが・・・。

しかも広角側の開放値なんてF2.5!

FDレンズのLレンズはF3.5だったからとても明るい。

望遠側のF4.4は若干暗めだが、手振れ補正も付いているし、問題無い。

とにかくマクロの性能といい、解像度の高さといい、驚くことばかり。

時代に流されまいとデジカメも次々買い換える人からすればGX100なんて

つまらんカメラなのかもしれないが、ずっと前時代的なカメラで楽しんできた私からすれば

GX100はスーパーマンみたいなカメラに思える。

こんなスーパーマンカメラで、ここのところご無沙汰していたカメラ生活が勢い付くか・・・

ゆるゆるチェックしていただければ・・・と思う。

テーマ:RICOH GXシリーズ - ジャンル:写真

  1. 2008/09/24(水) 18:14:39|
  2. RICOH CAPLIO GX100
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんとか・・・ | ホーム | お知らせ と 実験>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kagerohu.blog22.fc2.com/tb.php/231-0ac968b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。